typeの人材派遣 違い

typeの転職サイトと転職エージェントの違い

・エージェント(typeの人材紹介)と転職サイト「@type」の違いについて
転職を思案している男女には
「転職サイトと転職エージェントって具体的になにが違うの?」
「どちらか一方だけ利用するっていうのはダメなの?」
「転職エージェントに登録すると、今の会社にバレないかしら…?」
という不安を打ち明ける人がいます。
結論から申し上げると、こうした不安はご無用です。
転職サイトや転職エージェントに転職希望者が登録をして利用しても、転職者にはまったく費用負担はありませんし、転職エージェントに登録し転職活動を本格的にスタートしたからといって、今の会社にあなたが別の職場を探していることがバレることはありません。あなたの会社の同僚も転職エージェントに登録しているかもしれません。

それどころかtypeエージェントは20代〜30代の若者に浸透しています。首都圏の若者であれば、自分の人材価値を知りたい、もっと稼げそうな会社があれば知りたい…という理由で登録をする男女も増えています。“転職エージェントに登録をする”ということは、別に特殊なことは無くなってきているのです。

typeに関して申し上げれば、typeエージェントを利用したほうがお得ですよ、と強調したい。
なぜならtypeの人材紹介が保有している求人の80%は「非公開系求人」と呼ばれる求人で、これは限られた人しか読むことができない限定的な求人だからです。
転職サイト「@type」に登録・利用するのに必要なのはオンライン登録だけですから誰にでもできますが、本当に検討する価値がある美味しい求人はtypeエージェントが集中して保有しています。

typeの人材紹介から転職を果たした男女のなんと71%は年収UPに成功しているというデータがあります。それは非公開系求人の力と言えるでしょう。
typeエージェントは首都圏限定で運営されている老舗エージェントであり、歴史が長い分、有力企業から
“typeでしか中途枠の人材は募集しない”という「独占求人」がとても多いのです。

・それぞれどのような人の利用が向いているか?考えてみたら…
まず転職サイト「@type」は、“転職を思案しはじめた男女”にお薦めです。
“転職したいな〜って気持ちになるけど、今の会社を辞めるかどうか?!なんてわからないし、でも自分にもっと向いた環境があるなら、本気で会社をかわることを考えても…いいかな”という人は、迷わずすぐに「@type」に登録をしましょう。
個人情報欄を記入して(どこまで公開できるかは各自で選択をすることが可能です)、webレジュメを公開したらあなたの情報にひかれた会社の採用担当から直接オファーメールが来ることもあります。転職希望者の側も、会社の側も、気軽にお互いやりとりができるのが転職サイトの長所でもあります。“セミナーを受けにきませんか?”というお誘いが会社から来たら行ってみるとよいでしょう。その会社に転職をしなくてもよいのです。そういう場にスーツを着て出向くだけで、あなたのモチベーションは想像以上にアップします。

しかし転職サイトは案外、行動力のある男女でなければ成功は難しい面があります。
自力で求人企業を探して、エントリーして面接を受けて、内定しても全部ひとりでこなさなければならないからです。「年収の交渉」は転職シーンでは避けては通れない関門ですが、これもまったくひとりでこなさなければいけません。実際大変です。

・「正社員での転職ならばtypeエージェントの方がメリットが大きい」という結論に!

typeの人材紹介の場合は、キャリアアドバイザーがついて、個人面談をして忌憚のない意見を率直に言ってくれます。“転職したいけど次に何をしたらいいのか分からない”という男女には、適職診断やキャリアアドバイスも行います。転職市場価値の診断サービスもありますから、自分には無理目な企業を大企業狙いで受けることもありません。
あなたに向いていると思う企業をピックアップしてくれて、企業研究も手伝ってくれます。
typeの人材紹介は紹介する企業の数は少な目です。しかし“あなたなら入社してから活躍できる”とtypeのキャリアアドバイザーの目から見て見込みのある転職希望者だけを、求人企業に紹介しています。
ですからtypeの人材紹介から転職したら、71%の男女が年収UPを経験しています。
年齢にもよりますが、転職するということは大幅な年収ダウンを覚悟して行うのが普通ですから、typeの人材紹介のように71%が年収UPしているのは驚異的な数字です。

キャリアアドバイザーは必要であれば応募書類の添削や模擬面接も実施してくれます。
内定してからも法人契約している企業同士ですから、情報がふんだんに入ってきますし、なにより厄介な希望年収の交渉といった手続きもすべて転職エージェントが代行してくれます。

はじめての転職を考えている男女なら、年齢問わずtypeエージェントに登録をして、キャリアアドバイザーとじっくり一度話し合ってみるとよいでしょう。現状で紹介できる会社があればすぐに紹介してくれるかもしれませんし、キャリアアドバイザーからあなたを見て“こういう点についてもっと考えたほうがよい”という自己分析や企業研究の不足があればアドバイスももらえます。

業種によっては中途採用のシーズンがあって、その時期に集中して面接を受けないといけないケースも多々ありますが、そういった業界の内情に即した転職情報はtypeエージェントでなければ手に入らないと言えます。転職サイトからですとどうしても中途採用に関する詳細な情報は入手しにくい(サイトに全部書いていない)という面があります。

typeエージェントですと、求人企業とtypeエージェントが法人契約している同志なので、キャリアアドバイザーは過去に何人も先輩を送り込んだプロですから、“転職サイトの企業情報には書けない採用裏話”も含めてあなたの不安を払拭すべくいろんな話をしてくれるはず。
typeエージェントは転職希望者の希望を最大限に考慮して、親身になってアドバイスしてくれることには定評があります。そうすることで企業側と転職者のミスマッチを防げるというtypeエージェントのポリシーでもあるのです。