typeの人材派遣 料金

typeの人材紹介なら費用負担はゼロって本当?

・typeの人材紹介はなぜ無料で登録利用できるのですか?

転職エージェントや転職サイトを利用するのを躊躇して
「だって…そんな高待遇のお仕事をあっせんしてくれるからには転職エージェントって費用が相当かかるんでしょう?転職先が内定してからサービス料をとられるんじゃないの?」という人がいます。

typeの人材紹介サービスを、転職希望者が登録や利用しても、最後まで一切費用負担はありません(きっぱり)。
転職希望者は最初から最後(転職後のアフターフォロー含む)まで、無料で使い倒せるのが転職エージェントのいいところなのです。

まず「転職サイト」や「転職エージェント」の仕組みについて説明しますと、人材を急きょ中途採用しなければいけなくなった企業の人事担当は、過去に何人も採用した実績のあるtypeの人材紹介に人材を探してもらえるように依頼します。
そして求人企業は費用を支払って、「@type」という転職サイトに自社の募集広告を出す場合もありますし、募集は出すけれども「非公開系求人」という形にすることもあります。

首都圏の大企業が中途採用で人材を求めている場合、求人内容をオープンにすると、明らかにキャリアやスキルが不足している中高年の失業者がわんさと押し寄せてきて、相手にするのが大変であるという採用側の事情があります。
求人企業としては“本当に自社で求めている実務能力があるかないか?”について、慎重に面接を繰り返して採用したい…という意向が強いですから、人材の1次選抜は転職エージェントにまかせることが多いのです。

求人企業は「@type」という転職サイトで募集するだけではなく、typeエージェントで今回の募集にふさわしい人材がいないかどうか?探してほしいという依頼も行います。
転職エージェントのキャリアアドバイザーが適任者を探して、面接をして、“この人なら大丈夫”と判断した人材を企業に候補者として紹介します。
求人企業がその人を面接して、採用したら、typeには企業から紹介料が支払われるという仕組みになっています。

・転職エージェントがそれでも儲かる仕組みとは?
つまり転職エージェントの価値とは、“送り込む人材の質がすべて”と言えます。
ですからtypeの人材紹介は他の大手エージェントのように、とにかく内定者を数多く出すために、企業を紹介しまくるという無茶な紹介はしないことで定評があります。

typeエージェントは転職エージェント業界の中では屈指の“老舗”です。活動が首都圏限定とはいえ、過去に数万人の転職をサポートしてきた実績と、有力企業の人事担当からの堅い社会的信用があります。登録者数が少な目であるから、キャリアアドバイザーがひとりひとりに対して時間をとって、丁寧にカウンセリングします。

転職希望者に対しては、キャリアアドバイザーが“何のために転職をするのか?人材としての売りや強みは何か?どういう働き方を目指すのか?”といった転職を成功させるための基本にこだわります。
転職希望者にとって働きがいのある職場を紹介することが、法人契約している企業にとっても望ましいことであり、求人企業が満足すれば、また次の募集も「typeエージェントにお願いしよう」ということになります。それがtypeエージェントの収益が増加し続けてきたことの理由です。

転職の成功とはとどのつまり、事前に転職希望者と企業のミスマッチを可能な限り防ぐことにつきます。なぜミスマッチが起こるか?といえば、転職希望者の側に転職後の自分のイメージが不足しているからです。

typeエージェントの収益とはほとんどが“成功報酬型”で、転職希望者のあなたが転職を果たして、しばらく勤務しなければtypeエージェントの収益にはなりません。職場とあなたがミスマッチを起こしてすぐにあなたが辞めてしまった場合などはtypeエージェントの収益もゼロになるだけでなく、その紹介先企業の信用もがた落ちになってしまいます。ですからtypeエージェントでは人材価値にこだわるのです。

・転職希望者は何をしてもデメリットはゼロ!登録しなきゃ大損!
転職サイト「@type」の情報はとにかく詳細です。企業側が費用負担なしで求人広告が出せるタイプの求人サイトもありますが、そうしたサイトと比較して、「@type」は転職希望者が読んで、“企業研究がいらないくらい企業の情報が盛りだくさんである”“入社してからの仕事内容がとてもわかりやすい”と好評です。求人企業が転職サイトに費用を払えば、さらに詳細な情報を載せてもらうことも可能です。

転職エージェントの場合は一般に、紹介した人材が採用された場合にその人材の年収の30%ほどが転職エージェントの収益となります。つまりあなたが年収600万円で転職エージェントから転職を果たした場合には、転職先の企業から転職エージェントに200万円くらいの紹介料(顧問料の場合も)が支払われるというシステムです。しかしあなたがすぐに退職してしまった場合はそういう紹介料は帳消しになります。

求人企業側、転職希望者側の双方の希望とは、“自分の適性に合致した職場が欲しい”とか“今回の募集にピンポイントでふさわしい人材を早期に採用したい”ですから、人事採用のプロであるtypeエージェントが仲介することで、両者の“お見合い”がスムーズに進むことはほぼ間違いありません。
typeエージェントとしても社員に給与を支払ったり、各種の費用負担がありますから、求人企業からそれなりの紹介料を支払ってもらわなければ運営を続けていくのが難しいのです。

こうやって転職エージェントの運営の仕組みをよく理解してみると、転職エージェントに相手にしてもらえる転職希望者であれば、現状では転職エージェントから転職をするのがもっとも効率的で有利な方法であると断言できますね。
「これまでのキャリアをさらに発展させたい」
「人材としての価値を転職で落としたくない」
「キャリアゴールを見据えて転職したい」
という30代〜40代のあなた、
「管理職として別の会社で活躍したい」
「前職で培ったマネジメント実務を転職先で活かしたい」
という40代〜シニアのあなた
typeエージェントに登録をすることが第一歩です。