typeの人材派遣 特長

typeの人材紹介の特徴について知ろう!

・typeの人材紹介の特徴について
大手転職エージェントは全国を対象にした転職先紹介や転職者支援を行っている会社が多いです。“転職できるのならどこの県でもいい”という人なら、全国型のエージェントのほうが可能性が広がるかもしれません。

typeの人材紹介は主に首都圏エリアの会社に限定されます。ですからtypeに登録している転職希望者の数は他のエージェントと比較して少な目です。typeの人材紹介の強み・特徴とは、キャリアアドバイザーひとりあたりが担当する転職希望者の数が少ない分、個人面接にかけることができる時間が長めである点です。
typeから転職に成功した先輩たちの話を聞くと「他のエージェントと雰囲気が異なり、人材重視というか、個人の適性に合った企業を紹介することにこだわりがある」typeの人材紹介のサービスをべた褒めする声も多いです。他の大手エージェントが利益優先のため、転職先内定者の数をとにかく増やそうとする傾向があるのに対して、typeの人材紹介は“長く安定して働いてもらう”ために、独自のノウハウを駆使して、適職診断や企業研究に時間をかけるようです。

typeの人材紹介は1994年から転職サイトを運営している、国内エージェントの中では老舗ランクの転職支援サービスです。老舗であり、東京周辺の会社に限定して運営されている分、過去に転職希望者を送り込んだ実績には目を見張るものがあります。
実際に「typeから紹介された人材でなければ中途採用しない」という有力企業の数も多く、typeの人材紹介には「独占求人」が多い理由になっています。
typeの人材紹介では、人材を募集している企業は費用を負担してtypeに人材紹介を依頼するのです。ですからハローワークのように企業が無料で求人広告を出すことができる媒体とは大きく異なり、採用にかける企業の意欲は高く、“独占求人”という形で、採用担当が欲しいと思う人材の細かいイメージをピンポイントで探しています。

・スマートな今の時代の転職戦略とは?
typeの転職エージェントから転職した男女に転職後にアンケートをとってみたところ、なんと!71%の男女が「転職後、年収が上がった」と回答をしているそうです。これはすごいですね。ふつうは転職後の年収ダウンは覚悟しなければいけないと言われますが、typeの人材紹介なら大半の転職経験者は年収が上がることが望めると言えます。

typeの転職サイト「@type」は月間100万人以上のアクセスがある、国内転職サイトでは常時1位、2位を争う規模です。求人企業と転職希望者のミスマッチを防ぐために、企業に関する詳細かつ読みやすい情報や、仕事内容をわかりやすく伝えることに腐心しています。そうすることで転職活動を始めたばかりの男女にも入社後の生活が想像しやすくなり、エントリー数を増やすことにつながります。

転職希望者なら、転職サイト「@type」とtypeのエージェントを併用して転職活動にあたることがお薦めです。転職サイトに個人レジュメを登録して、時間のあるときにでも希望の会社を探すようにします。エージェントに登録をすることで、人事採用のプロの目線からみて、あなたにふさわしい会社、仕事内容をピックアップしてご紹介することが可能です。

typeの人材紹介はあらゆる職種を扱っていますが、中でもIT情報通信系(WEBクリエイター関係含む)、管理系、営業職といった方面に特に強いと言われています。ですからこうした職種を狙って転職活動をしたい人なら、真っ先に「@type」に登録をするべきでしょう。

関東系の会社が中心になりますから、首都圏でキャリアアップしたい女性を支援することもできます。

typeの人材紹介では、「正社員を狙う女性向け」「管理職への転職を狙うミドルむけ」といったテーマで転職フェアも随時行っていますから、気軽に参加すれば、会場でtypeの人材紹介のキャリアアドバイザーと直接相談することができます。他の大手とはちょっと違う、typeの人材紹介ならではのアットホームな雰囲気があなたにぴったりかもしれません。

・転職の流れ、どんなキャリアアドバイザーがいるか。
ちなみにtypeエージェントでは「キャリアアドバイザーが気に入らないから」といって、転職希望者の申し出で変更することは「できない」ことになっています。
そもそも最初のエージェントへの登録時に転職希望者の年齢や志望業界、志望職種…について考慮したうえでtypeが責任を持ってCAを決定しているので、転職希望者の感情や都合でキャリアアドバイザーを替えることができないルールにこだわりがあるのです。

typeの人材紹介は活動エリアが関東限定であるのが理由で、他のエージェントよりも、扱っている求人件数は少な目であると言われます。
しかし公開求人が5000件、非公開求人が18000件ですから、あなたの希望にドンピシャリ!合致する会社を見つけるのも不可能ではないでしょう。
その証拠にtypeの人材紹介から転職を果たした71%の男女は年収UPしていますし、転職後の生活にも満足度がもっとも高いエージェントであると言われています。

転職の成功とは、とどのつまり“ミスマッチをどう防ぐか?”というエージェントの力量によるところが多いのです。転職希望者にやみくもに“数打てば当たる”と山ほど会社を紹介する大手エージェントと、typeの人材紹介は転職成功に関して方法論がだいぶ異なります。
typeのキャリアアドバイザーはつねに長期的な視野にたって、ミスマッチを最小限にするべく努力を続けています。

人材業界においては、転職先が内定してから、@エージェントが転職先企業との間に立って支援を行う、Aエージェントは内定後は一切の支援を行わない…という二極化しています。
typeの人材紹介は@であり、転職先が内定してからも、希望年収の交渉や退職手続き、転職先に入社してからのアフターケアも充実しています。
typeエージェントの立場になってみると、アフターフォローに力を入れることで、法人契約をしている会社の内部事情が手に取るようにわかり、今後typeエージェントから、新しく人を送り込む際のもっとも使える情報になるのです。転職者の支援にもなるし一石二鳥なのです。転職者としては新しい環境に入ってからも転職活動中にお世話になったキャリアアドバイザーに会えるとほっとしますよね。