お朔日参り

先月も地元の神様にお守りいただき、家族、親族無事に過ごすことができました。

ここ最近、自分の中で長年目標として来たコトが実現できたのだけど、喜びの感情と、反面、脱力感みたいな感情もあって、「満たされた」はずなのに「満たされて」いないような感覚。

この感覚は何なのだろうなとフワフワと考えていると、ふと、以前80代男性に言われた言葉が浮かぶ。「健康でも、毎日何もやるコトがないよ」って、あの感覚と似ているなぁ~。

健康なカラダを手に入れることが達成できたはずなのに、その健康なカラダを活用する場がない。「満つれば欠ける世の習い」のように、物事は絶頂期になれば次は下り坂になる。特に下り坂が多い人生100年時代は、下り坂を如何にエンジョイできるかが重要だなと、介護の現場でもヒシヒシと感じる。

そんな地層のような感情も、毎月1回ココで手を合わせると、包み込まれるようにその地層が溶けていく。

さ、今月もお世話になる皆様。宜しくお願いします!!


※当研究所では活動の拡大をはかるためご寄付をお願いしています。
ぜひ一緒に、地域共生社会の実現に向けて応援してください。