打ち合わせ2本終了

県営公園と商業施設。相反するそれぞれの場の特性を活かし、そこにスポーツをハブとして絡めてD&I社会へ繋げていく工程はめちゃくちゃ楽しい!!

今回、コロナ禍で行政絡みの施設はほぼ利用中止になり、その事により地域コミュニティ、特に高齢者の通いの場は無くなり、健康被害も甚大な課題。また、訪れるかもしれない感染拡大に備え通いの場の確保を、と。

施設側の方は地域貢献や、地域の関わりを考えていたようで、打ち合わせも終始良い雰囲気で。^_^ 今後の商業施設のあり方を考えても、地域との接点づくりやコミュニティのハブ的機能は重要だろう。でも、どう繋がったら良いか分からない所が多いようなので、そこをこの10年積み重ねてきた経験値からサポートできるかもしれない。これも、今まで関わっていただいたコミュニティの皆様と積み重ねてきた実績があってこそだと思います!

来年のテーマは、スポーツを活用したダイバーシティ&インクルージョンとして「Diports(ディポーツ)」という概念を広げていきたいと考えています!

コンセプトは「いつでも」「どこでも」「だれでも」スポーツが出来る社会づくり。その一環として、
恵まれた施設環境でなくても「えっ!? こんな場所で誰でも一緒にスポーツ出来るんだ!?」というのをドンドン仕掛けて、地域コミュニティのヘルスケアにも貢献できたらと考えています。^_^

あぁー! 昔、営業大っ嫌いだったけど、つくづくやっておいて良かった(笑)。来年早々に仕掛けていけるかな? 自分なりの、やり方で。


※当研究所では活動の拡大をはかるためご寄付をお願いしています。
ぜひ一緒に、地域共生社会の実現に向けて応援してください。