持続可能なコミュニティとは

所沢航空公園で立ち上げたコミュニティが始まって今日で2年経った。立ち上げ直後からコロナの影響で、主に開催場所の確保で活動が制限される時も多かった。しかしコミュニティのみなさんと、大切に、大切に育んできた2年。

そしてコロナ禍で、コミュニティの持続性としてあらためて学んだことは3つ。

 1, 主体はあくまでも市民であり
 2, どんな時でもポジティブに
 3, 楽しみながら出来ること探す(コミュニティを止めない)

それにはコミュニティ内の「ゆるやかな対話の機会」をつくることが不可欠であり、かつ、いつでもコミュニティから出入りできて「離れられる自由度」も大切かと。そして、離れていてもオンラインでゆるーく繋がっていることと、久しぶりに会ってもその壁を一瞬で溶かす「スポーツの有用性」

まぁ、いろんな理屈言ったところで結局は楽しくないと続かないよね。^_^

◆下記、当時のFacebookイベントページです。
新しいサッカーをつくろう


※当研究所では活動の拡大をはかるためご寄付をお願いしています。
ぜひ一緒に、地域共生社会の実現に向けて応援してください。