11月15日のユニバーサルスポーツDAY

過去最高の参加人数更新でオペレーションが上手くいかないところもありましたが、未就園児から70代までの多世代と、障害のある方も共に多様な方々でユニバーサルサッカーとユニバーサルモルックを実施しました。

今回は新潟県や茨城県の方々もお見えになり、事業の波及性を感じられ本当に嬉しく思います。何より参加者の皆様の「楽しかった!」が原動力になります。楽しいから、参加を継続する。継続するから、コミュニティが形成される。この繰り返しを地道に積み重ねていくことが、国内のコミュニティインフラを作ることに繋がるのです。

ご参加いただきました皆様、ありがとうございました!

※実施報告は後日あらためてアップいたします。


※当研究所では活動の拡大をはかるためご寄付をお願いしています。
ぜひ一緒に、地域共生社会の実現に向けて応援してください。